クリスマスに向けて。世界に1つだけのオリジナル写真ケーキをあなたに

【小説家になろう】複数の名作をもつおすすめ作者(著者)を紹介!

これまで当サイトでは『小説家になろう(小説を読もう)』に掲載されているたくさんの小説をレビューしてきました。

多くの作品を紹介する中で、同じ作者・著者の方の作品を複数紹介することも珍しくありません。

そこで今回は、私が複数の作品を読んだことのあるオススメの作者様をご紹介していきたいと思います。

それでは紹介していきましょう!

作者名:月夜 涙(るい)様

月夜 涙(るい)様のマイページはこちらから

主なオススメ作品

・エルフ転生からのチート建国記
・スライム転生。大賢者が養女エルフに抱きしめられてます
・魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~
・お菓子職人の成り上がり~天才パティシエの領地経営~ など

ひとこと

作品を連載すれば間違いなく大ヒットしランキングに載ってくるというスゴい作者様。文章に難解な表現はなく、主に中高生の男子をターゲットにして描いているように思います。

特徴としては、主に異世界転生・転移モノを描かれており、オレtueee・ハーレムなどのテンプレ要素を多分に含みます。あとキツネとエルフが大好きのようで、多くの作品に登場します(笑)

そのため苦手な方もおられると思いますが、テンプレ要素についても、それらが読者にウケると分かって描いている。つまり商業作家として、プロとして作品を描いておられるためだと思います。

ちなみに私のイチオシ作品は『異世界の洋食屋、きつね亭』です。異世界の料理屋さんを立て直す話で、ハーレム展開もないので、男性も女性も楽しめる物語です。 

ふかふか

よくアイディアが尽きないなー、あと複数の作品を同時並行で描いてたりするから、ほんとすごいなーって思うよ。

作者名:坂東太郎 様

坂東太郎様のマイページはこちらから

主なオススメ作品

・10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた
・アイヲンモール異世界店、本日グランドオープン!
・引退間際のくたびれたおっさん冒険者がダンジョンで見つけた超古代文明の魔導鎧はバトルスーツで変身ッ!など

ひとこと

なろうのテンプレというか、ふざけたタイトルが多いですが、中身は安定していますし、しっかりと物語を完結させるところも好感が持てる作者様です。文章も読みやすく、小気味良いテンポがなんともいえません。

個人的にも、領地運営(10年ニート)であったり店舗経営(アイオンモール)であったりとジャンル的にもドストライクな作品が多いため、今後も新作が出れば読んでいきたいと思います。

タイトルがどれも長いわね……

ふか子

ふかふか

引退間際の(以下略)もタイトルはアレだけど、中身はすごくしっかりしててまとまってるから読んでみてねー。

作者名:昼熊 様

昼熊様のマイページはこちらから

主なオススメ作品

・俺は畑で無双する 
・自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う 
・サラリーマンの不死戯なダンジョン 

ひとこと

『畑』に転生したり『自動販売機』に転生したりと想像のナナメ上をいく無機物転生をかます作者様。どうしてその発想に至るのか、不思議でなりません。それでも内容は、しっかり面白いから困る(笑)

他にはデスゲームモノや何度も死にながらクリアを目指すゲーム性の高い作品、独自の世界観を持った作品が多いように見受けられます。オーソドックスな異世界モノに飽きてきたのなら、ぜひどうぞ!

畑『で』無双するんじゃなくて、畑『が』無双するが正解よね……

ふか子

ふかふか

いずれにせよ意味が分からないけどね……

作者名:七沢またり 様

七沢またり様のマイページはこちらから

主なオススメ作品

・死神を食べた少女
・勇者、或いは化け物と呼ばれた少女
・火輪を抱いた少女

ひとこと

作品のタイトルに『~少女』とあることから、少女シリーズとも呼ばれている作品群が代表作の七沢あたり様。

どの作品にも頭のネジがry個性的な少女たちが登場し、活躍します。ストイックでシュールな世界観の作品が多く、なかでも戦記モノ(死神を食べた少女、火輪を抱いた少女)の作品が個人的には特に好きです。

また舞台となる世界が同一のため、他作品の人物がクロスオーバーして登場することも。このあたりはファンにはとても嬉しい心配りです。

ちなみに少女シリーズの作品については、こちらの記事でまとめています。

どの作品も30~40万文字くらいでまとまっているから読みやすいわよね。

ふか子

ふかふか

どれも安定したクオリティだから、気になったものからどうぞー。

作者名:新木伸 様

新木伸様のマイページはこちらから

主なオススメ作品

・異世界Cマート繁盛記 
・星くず英雄伝 
・薪割りスローライフをはじめますか?[はい/いいえ]

ひとこと

もともと『星くず英雄伝』という作品を電撃文庫で出していたプロの作家さんです。発行されていたのは、今から20年前くらい前なので、今の若い人は知らないかもしれませんが……。

さすが長年プロで活躍されてきた方というか、文章は安定していてとても読みやすいです。『異世界Cマート繁盛記 』などでも、ひらがなの割合が多く、10代の方にも読みやすいように配慮してあるように思えます。

全体的にコメディ風の明るく楽しい雰囲気の作品が多いわね。

ふか子

ふかふか

文章を書く側としても、勉強になる文章だよねー。

 

作者名:藤村 由紀 様

藤村 由紀様のマイページはこちらから

主なオススメ作品

・Unnamed Memory 
・Rotted-S 
・Babel

ひとこと

王子様と魔女の物語、少年と少女の物語など王道かつ御伽噺のような作品が多い印象。

異世界を舞台にしているといっても『小説家になろう』特有のありきたりな異世界ではありません。情景まで浮かんでくる美しい描写と古典的でノスタルジックな世界観がとてもステキです。

作者様が女性(おそらく)で、感情の表現というか登場人物の内面描写が非常に巧みなところもポイントです。

タイトルにもしっかりとした意味が込められているのですが、ご覧のとおり英語のものが多く、残念ながらなろう読者からは敬遠されがちです(パッと見で異世界モノと分からないため)ただどの作品も本当に素晴らしいので、これを機にぜひ読んでみてください。

個人のHPで連載されていたものをなろうで掲載しているんですって。

ふか子

ふかふか

エタる(未完で終わる)心配がないから安心だねー。

作者名:江本マシメサ 様

江本マシメサ様のマイページはこちらから

主なオススメ作品

・エノク第二部隊の遠征ごはん 
・北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 
・麗人賢者の薬草箱 

ひとこと

ゆっくりと流れる時間を楽しむような物語、そして読むと心が休まるような柔らかい文章が特徴的です。

また作者様自身が生活の知恵であったり、料理やハーブの知識が豊富なようです。それらが物語の生活臭というか生活のリアルさを演出するのに一役買っているのではないでしょうか。

恋愛描写も等身大の人間味あふれるもので、読む側にとっても分かりやすく感情移入しやすいように思えます。

ふかふか

心にスッと入ってきて、染みわたるような優しい作品ばかりだよー。

まとめ エタらない作家さんは貴重!

さていかがでしたか?

やはり多くのヒット作を出す作家さんというのは、作家としての能力自体が高いように思います。

あとエタらない。(途中で作品を投げ出さない)

多くの作品を輩出しているということは、ほとんどの場合これまで描いていた物語を完結させているということです。

すると新しい作品も完結する可能性が高く、途中でエタる心配も少ない。

今回の記事で案内している作家さんは、どの方もこれまでの作品を完結させている貴重で得難い方ばかりです。

そういった意味でも今回紹介している作家さんの小説はオススメです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ふか子