私が好きなジャンル 『商売・経営』を題材にしたなろう作品8選

私が『商売・経営』をテーマにした作品が好きな理由

私は大学は経済学部を卒業し、現在も金融機関で働いています。

そのため、お金や商売・経営などについて学ぶ機会も多いですし、それなりに興味もあります。

『商売・経営』をテーマにした作品を好むのも、そのためかもしれません。

今回は『商売・経営』をテーマにした作品を紹介していきたいと思います。

異世界倉庫の管理人さん

作品名:異世界倉庫の管理人さん

作者名:黒井へいほ 様

文字数:645,096文字(完結済)

書籍化:あり

ストーリー

怪しげな ビラを拾って 異世界へ

倉庫の管理人さんとして異世界で奮闘するお話です。

ひとくちレビュー

主人公には、チートや特別な力は特にありません。

等身大の大人が異世界で倉庫業を営んでコツコツ頑張る姿。
その姿を見て、周りの人たちも少しずつ彼に協力していきます。

努力が真っ当に報われる姿は、見ていて気持ちがいいものです。派手さはないものの明日も頑張ろう!そんな気持ちにさせてくれる作品です。

アイヲンモール異世界店、本日グランドオープン!

作品名:アイヲンモール異世界店、本日グランドオープン!

作者名:坂東太郎 様

文字数:239,379文字(連載中)

書籍化:なし

ストーリー

〇〇オンモールの従業員である主人公は、まさかの異世界店を任されます!(・ω・`)

そして売上目標を達成しないと日本には帰れないというブラック仕様。果たして日本に帰れる日は来るのでしょうか……。

ひとくちレビュー

個人的にドンピシャなジャンルであり、なおかつ作者様は私が個別にレビューを書いている『10年ごしの引きニート(略』を書いておられた方です。迷わず読みました!

ポンコツ店員個性豊かな店員たちとのドタバタギャグコメディです。

個人的には『この素晴らしい世界に祝福を!』に通じるものがあるように思います(笑)

百均で異世界スローライフ

作品名:百均で異世界スローライフ

作者名:小鳥遊 郁 様

文字数:428,613文字(連載中)

書籍化:あり

ストーリー

女神様にもらったチートは、なんと!!

……

…………百均!!

ひとくちレビュー

自分が『百均』の能力を持って異世界転移したら、やっぱり塩・胡椒を売ると思います(笑)

さてさて、主人公のナナミには『百均』がチートだという意識はなく、まったりのんびりと物語が進んでいきます。

チート意識が欠けているせいで大問題が発生しそうですが、そこは良識のある勇者や公爵のおかげでなんとかなる模様。自分もまったり生きたい派なんで、主人公の生き方にはとても共感を覚えます。

異世界詐欺師のなんちゃって経営術

作品名:異世界詐欺師のなんちゃって経営術

作者名:宮地拓海 様

文字数:3,412,580文字(完結済 後日談あり)

書籍化:あり

ストーリー

嘘を吐かれ、人に騙され、大切なものをすべて失った主人公。
復讐に生き、復讐を果たした主人公でしたが、人を呪わば穴二つ。

『嘘が吐けない都市』に転生した主人公は、今度こそ真っ当な人生を歩めるのでしょうか? ぽいんぽいん。

ひとくちレビュー

重そうなストーリー紹介になりましたが、シリアスなのはほんの序盤だけ

それ以降は基本的にツンデレ主人公が、なんだかんだ言いながら人助けをしつつ、ヒロインのお店の経営を手助けする話です。

今は更新が落ち着いていますが、昔は作者様が非常に速筆なため、毎日更新をしながら感想を返し本文の下にオマケを掲載するというカオスぶりでした。

そんなお胸に夢中の読者サービス旺盛な作者様なので、コアなファンが多く、レビューの数もとんでもないことになっています(笑)

カジヤノキヤクビト

作品名:カジヤノキヤクビト

作者名:No. 様

文字数:625,455文字(連載中)

書籍化:なし

ストーリー

RPGな世界での鍛冶屋さんと弟子の日常を綴った物語です。

変な鍛冶屋には今日も変な客が訪れます。

ひとくちレビュー

作者様のセンスが光る弟子と師匠との軽快なやりとりは、ユーモアたっぷりで意外なところで笑わせられます。

ショート・ショートのため(一話一話が1000文字程度で完結)通学中や通勤中にぴったり。

読むとクセになる面白さです(笑)

『金の星亭』繁盛記~異世界の宿屋に転生しました~

作品名:『金の星亭』繁盛記~異世界の宿屋に転生しました~

作者名:高井うしお 様

文字数:315,994文字(連載中)

書籍化:あり

ストーリー

安いだけが取り柄のオンボロ宿屋の息子に憑依した30歳の元営業マンが宿屋を立て直す話です。

ひとくちレビュー

突拍子もないことはせず、
着実に経営を改善していく主人公に好感が持てました。

文章力、心情描写、情景描写。どれも高い水準でまとまっています。

自分が異世界へ転生するなら、こんな転生がしたい!そう思わせてくれる作品です。

異世界Cマート繁盛記

作品名:異世界Cマート繁盛記

作者名:新木 伸 様
文字数:430,160文字 (連載中)
書籍化:あり

ストーリー

異世界に迷い込んだ主人公は、缶詰が給料なぽんこつエルフとお店を営みます。

現代と異世界を行き来し、様々な商品を持ち込んでお店を繁盛させるお話です。

ひとくちレビュー

『エルフ』が活躍するオススメなろう作品まとめでも取り上げた作品です。

あまり深く考えず、なんとなく読むとなんとなく幸せになれます。

ゆるふわまったりファンタジーなので、疲れているときにどうぞ。

異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!)

作品名:異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!)

作者名:ダイスケ様

文字数:1,089,653文字(連載中)

書籍化:あり

ストーリー

冒険者としてはまずまずな主人公でしたが、
膝に矢を受け療養。とどめに仲間からのアドバイス(解雇通告)を受け、引退へ。

今後の食い扶持を稼ぐためにも前世のコンサル知識を活かし、冒険者の経営相談に乗り出します。

ひとくちレビュー

『異世界で起こっている問題』に対して、主人公は真剣に取り組みます。

そして導き出された『現実的で地に足が付いた答え』は、とても納得がいくもので共感が持てます。

読みやすい・面白い・ためになる。三拍子そろった名作です。読めば得るものがきっとあるでしょう。

まとめ 地に足が着いた作品が多い?

さて、今回は『商売・経営』に焦点を当てた作品を紹介してきましたが、いかがでしたか?

個人的な印象としては、『商売・経営』をテーマにした作品は、地に足が着いた作品が多い印象を受けます。

このようなテーマの場合、力業(チート)で解決すると作品の良さを損なってしまいます。そのため理論的に解決するケースが多くなり、自然と落ち着いた、力業(チート)のない作品になるのだと思います。

力業(チート)の爽快感もいいですが、私も三十路を超え息切れが激しくなってきました……

今回紹介した作品たちは、まったりor落ち着いた作品ばかりです。ぜひ読んでみてください。