【小説家になろう】おすすめ作品をジャンル別にまとめました!

お金の使い方には、究極的には2種類しかないという真実

私は10年以上、金融機関で働いています。

ファイナンシャルプランナーや法務・税務・財務などの資格も一応持ってるわよね。

ふか子

ふかふか

うん、本当に一応だけど持ってるよ!(だいたい2級ばっかりだけどねー)

そして悟ったことが一つあります。

それは『お金』の使い方には2種類しかないということ。

  • お金を貯めて、お金を使う(貯金して買う)
  • お金を借りて、お金を使う(ローンで買う)

お金の使い方は、究極的にこの2つ以外にありません。

例外なく誰しもがこのどちらかに当てはまります。

これを見て当たり前のことを言っていると思いましたか?

頭で理解するのは、確かに簡単な内容です。

しかし私は自分でこの事実に気付くまで、けっこうな時間を要しました。

そして当たり前だと思うような内容だからこそ、逆に一度は考えてほしいんです。

私は『当たり前のことを考える』ことって意外と重要だと思います。

貯金して買う場合と借りて買う場合

お金を貯めて買う。

お金を借りて買う。

ずっと続けると、どんな違いが生まれてくるのでしょうか?

どっちも結果的には同じなんじゃないの?

ふか子

ふかふか

ところがどっこい。それがそうでもないんだよー。

貯めたお金で欲しいものを買う人

分かりやすく車を例にして考えてみましょう。

Aさんは、お金を貯めて100万円の車を買いました。

事故や車を酷使しなければ、10年は同じ車に乗れるでしょう。

そして10年間同じ車に乗っている間に、また100万円を貯めました。

そして10年後、欲しい車が発売されたときに新しい車を購入しました。

そうすると……

貯金する⇒車を買う⇒貯金する⇒車を買う⇒以下ループ

というサイクルが出来上がります。

そうするとAさんは車を買う際にローンを組む必要性は発生せず、無駄な利息を払わなくてすみます。

お金を借りて欲しいものを買う人

では、次にBさん。ローンを組んで、借りたお金で100万円の車を買いました。

金利を3%と仮定して、10年間でローンを返済していくとだいたい15万円くらいの利息がつきます。

お金を借りる⇒車を買う⇒返済する(+利息)⇒お金を借りる⇒車を買う⇒返済する(+利息)⇒以下ループ

つまり同じ100万円の車を買うにしても、ローンを組んで車を買った人のほうが、支払いが15万円も多いのです。

このループが続けば、10年で15万円、20年で30万円も利息を払うことになります。

お金を借りると利息の分、多くお金が必要になるのは分かったわ。

ふか子

ふかふか

だから貯金して買うというサイクルを作ることが大切になるんだよー。

貯金をするには、最初が肝心

貯金して買うというサイクルを生み出すためには、最初が肝心です。

Bさんのように車のローンを支払いながら、次の車を買うために貯金するのは、なかなかに大変です。

働くうちに新しく家族ができ、住宅ローンや教育ローンを背負ったりするとなおのこと。

お金を貯める余裕なんてなくなります。

ですので、そうなる前に。

若いうちに、養う家族がいないうちに。

お金を貯めて欲しいものがあれば、貯めたお金で買うというサイクルを作ることが重要になるのです。

最初は我慢が必要

働くようになると、割と簡単にクレジットカードを作ったり出来るようになります。

クレジットカードは必要なものだと思いますが、無計画な乱用は控えましょう。

お金を貯めましょう。

そして貯めたお金で、身近なところでいえばパソコンや家電、そして車などを買えばいいと思います。

私は車や家のローンの相談を受ける立場です。

まだ働いて1年も経ってない若い人が300万の車のローンを申し込みにくることも少なくありません。

もちろん車のローンを借りにきてくださる大切なお客様なので、申込の受付は喜んでさせていただきます。

ふかふか

でも今回の記事で書いた内容や今後についてのアドバイスはするようにしているんだー。
ローンを組んで欲しいものを買った後も生活は続いていくわ。

ふか子

この記事が少しでも今後の生活の役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。