『魔王』がタイトルに含まれる傑作を6つ紹介 【小説家になろう】

今回は魔王(悪魔)にちなんで666作品……はムリなので6つの作品を紹介していきます。

どれも傑作と呼ばれるに相応しい作品ばかりです。それでは、どうぞ!

メイデーア魔王転生記 〜俺たちの魔王はこれからだ。〜

作品名:メイデーア魔王転生記 〜俺たちの魔王はこれからだ。〜

作者名:かっぱ同盟 様

文字数:1,721,483文字(完結済)

書籍化:あり(2巻まで)

ストーリー

昔々、三人の魔王が君臨していました。
しかし魔王たちは(外道な)勇者に殺されてしまいます。

人並の高校生活を満喫していた三人ですが、
そこに前世の勇者までもが転生してきて、また殺されてしまいます(笑)

さらに転生し元の世界に戻った三人ですが、
その世界では2000年の月日が流れていました。

ひとくちレビュー

とりあえず第一章の35話まで読んでほしい作品。

そこまで読めば、この作品を好きになれるかどうかがハッキリします。

私は35話まで読んで、この作品が大好きになりました。

個別にレビューを書いています。こちらからどうぞ⇒

魔王様、リトライ!

作品名:魔王様、リトライ!

作者名:神埼 黒音 様

文字数:843,413文字 (連載中)

書籍化:あり

ストーリー

自身が運営するゲームの中の『魔王』と呼ばれるキャラになり、異世界へ飛ばされる話です。

ひとくちレビュー

ストーリーだけを見れば、テンプレ作品ですが、ところがどっこい

読みやすさ、キャラクター、展開、
どれをとっても一級のエンターテインメント作品
です。

人狼への転生、魔王の副官

作品名:人狼への転生、魔王の副官

作者名:漂月 様

文字数:1,461,246文字 (完結済)

書籍化:あり

ストーリー

人狼に転生した主人公。転生者のため、人間の気持ちも魔物の気持ちも分かってしまいます。

そんな主人公が魔王軍で中堅幹部として、なんやかんや頑張る物語です。

ひとくちレビュー

人狼に転生した主人公は、もちろん物理的な力も強いですが、強さで物事を解決しようとしません。

あくまでも人間らしく理知的な対応に好感が持てます。

100万文字をこえる大作ですが、
物語の展開が上手いため、冗長さを感じさせません。最後まで楽しく読むことができました。

魔王はハンバーガーがお好き

作品名:魔王はハンバーガーがお好き

作者名:28号  様

文字数:240,788文字 (完結済)

書籍化:あり

ストーリー

勇者に負け死んだはずの魔王様でしたが、
気が付くとそこは現代アメリカのハンバーガーショップ。

初めて食べたハンバーガーに感動する魔王様でしたが、もちろん一文なしのため働いて返すことに……。

ひとくちレビュー

異世界の魔王でありながら彼の思考は素直で単純、そして優しさに溢れています。

日常を中心にのんびりと進むストーリーは、
魔王様と少女を取り巻く個性的な登場人物たちによってさらに賑やかに彩られ、まったく飽きません。

ほとんどが一話完結のショート・ショートのため、好きな話を繰り返し読んで楽しむことができます。

魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

作品名:魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

作者名:月夜 涙(るい) 様

文字数:1,038,006文字 (完結済)

書籍化:あり

ストーリー

迷宮の主として生まれた主人公が前世の知識を基に無双する物語。

ひとくちレビュー

テンプレテンプレandテンプレ作品ですが、私は好きです。

物語は予定調和で進みますが、
それでも次の展開が気になるし、それを読ませるだけの力があると思います。

ストレスフリーで読める作品です。読者は10代の方が多い様子。そしてやはりキツネとエルフが登場します(笑)

棺の魔王 (コフィン・ディファイラー)

作品名:棺の魔王 (コフィン・ディファイラー)

作者名:真島 文吉  様

文字数:822,574文字 (連載中)

書籍化:あり

ストーリー

コフィンという「国」を守るために、
持たざる英雄たちがテンプレ勇者たちに立ち向かう物語です。

ひとくちレビュー

カルマの塔』に並ぶ熱量を誇るダークファンタジー・戦記モノの傑作です。

好きな登場人物は?と聞かれたら、
十人が十人それぞれ別の人物を答えると言えるほど、魅力的な登場人物ばかりです。

ストーリーの構成や戦闘シーンの描写も上手いため、
このようなジャンルの作品が苦手な方でも楽しく読めると思います。

むしろ、そういった方にこそ読んでほしい作品。オススメです。

まとめ 人間味溢れる魔王たち

やはり魔王を中心に物語を展開するため、
まともというか間味溢れる魔王が多い印象。

そりゃあ凶悪で悪辣な魔王をメインに据えてしまうと、すぐ「処刑するぞ」みたいな短絡的な展開ばかりになりそうですもんね(笑)

実際、読者(読み手)の共感を多く得るためにも、そういった魔王を話の軸に置くのは難しいように思います。

とはいえ、一度くらいはそんな作品も読んでみたいような……そんな作品があれば紹介してください(‘ω’)b