家買う用語で知っておくべき言葉

家を買う。

人生最初で最後。

初めての経験である意味人生の大半の時間を決断する時間。

こんな重たい決断を本当に今の自分で決めてしまっていいのか?

こんなことを考えながらも、家族がいる、または独身でも将来の自分の生活の安心が欲しい。

この答えとして、意を決する覚悟を必要としている人もいるのかもしれない。

家を買う事が必ず幸せになる事とは限らない。

自分が将来何をどう準備しなければいけない事があるのか?

そしてその準備に必要な事で意識しなければいけない事は何か?

こうした内容を伝えていきたいと思います。

このサイトは、家を買う時に多い悩みとして、自分が将来どんなイメージを持っておくべきかをご紹介しています。

リスクが高い。

損だろ。

無駄だろ!

いろいろな表現や言葉がある。

しかし、一方では、幸せを手に入れたと言っている人もいる。

世の中の大半は、ほぼ個人の価値観により、異なることが多い。

あなたがこの先の人生で家を買う事を考えるなら、まずは知っておいてほしい言葉をまとめてご紹介していきます。

家を買う用語1.一戸建て

家には、いろいろな形がある。

何から買う?という言い方をしているのが正しいのかもしれない。

まずは、以下のような違いがある事を知ってほしいと思います。

一戸建ての土地

一戸建てを購入するには、土地が必要になりますよね?

その土地の中には、以下のような言葉があります。

建蔽率

容積率

用途区分

坪単価

建物付き

建築条件付き

まずはこうした言葉の意味をしっかりチェックしておくことが大切。

なぜか?

土地を選ぶときには、当然自分たちの将来建てた周辺環境の変化の予測が必要になります。

隣に大きな建物が建てば、日当たりが極端に悪くなる。

大きなエアコンの排気口が目の前にあったらどうなる?

近隣住民との境界線があまりにも近い土地はどうなの?

このように、自分たちが後から誰かの隣の土地を買うだけでなく、自分たちが先に買ってその後に入る人がいるような状況があるのも一戸建ての土地選びの難しい所。

一戸建ての住宅

家を買う時には、住まいを探す時には色々な探し方がある。

誰もが住宅を見ている時に、一度は目にしたことがある用語から一覧をご紹介していきます。

新築

中古

分譲

建売

注文住宅

エコハウス

省エネ住宅

ZEH

長期優良住宅

太陽光発電

ローコスト住宅

輸入住宅

ハウスメーカー

工務店

デザイン住宅

こんな言葉が建物を紹介しながら会社がいろいろな事を書いている中で目立つ文字や大きさにて表現していることが多いと思います。

その先には、以下のようなことばも出てきます。

耐震等級

長期保証

10年保証

定期点検

自由設計

規格住宅

鉄骨住宅

木造住宅

コンクリート住宅

自然素材

建物が作られる内容も、鉄なのか木なのかコンクリートなのか元の素材から選ぶことが可能になります。

それぞれに長所や短所がありますが、あくまであなたの住みたい場所やその土地がさらされた環境等により、建物の適正は異なっていく。

だからこそ、まずは多くの情報を集めて、言葉から絞り込むという考え方も大切になってくると思います。

 

家を買う用語1.マンション

一戸建ての次には、マンション。

マンションの中で重要なのは、以下のようなキーワードだと私は考えています。

築年数

広さ

間取り

リフォーム

リノベーション

駅からの距離

周辺環境

区画整理

調整区域

都市計画

こうした情報を中古、新築を含めて、自分の家探しをしておく必要があります。

1つ1つの用語を自分たちの中で優先順位を決める事が大切。

広い家が欲しい。

明るい家が欲しい。

静かな場所に住みたい。

通勤の利便性を優先したい。

育児にかかわる学校が近い場所が良い。

自分たちの家は将来どう使われるのかは家族構成や年齢により大きく異なります。

つまりは、この点に対して、駅から離れていても車を使うため、主要道路がある事が優先される家庭もある。

結果的には、需要が異なる際には、やはりその後の市場価値を含めた内容を照合することがとても大切。

 

マンション一戸建て比較

マンションを買うの?

一戸建てにするの?

こんな会話がどうしても家族の家を買う時の計画には欠かせない時期が来る。

この時に意識しておくべき用語をご紹介していきます。

マンションに関連するキーワード

マンションを購入すれば必然的に発生する言葉があります。

管理費

修繕積立費

インターネット回線使用料

駐車場代金

駐輪場代金

町内回避

これらは、マンション独特の用語としてどの物件を購入しても必ず出てくる初期費用とは全く異なる用語。

これらの違いが、当然住んでから住宅ローン返済以外で、生活費の中で計算を必要としている部分の金額となってくるのです。

一戸建てに関連するキーワード

一戸建てにはあって、マンションには存在しないキーワードもあります。

浄化槽

外構工事費用

この2つはマンションには関係しない諸経費となります。

あくまで、一戸建てとマンションを比較する上では、最初の建物価格を見るだけではなく、返済過程における毎月の計画がとても重要になってきます。

マンション一戸建て共通キーワード

家を買うということは、それだけで不動産を取得する事になります。

車を持つと、車を持つことに対する自動車税とか保険等に加入する人も多い。

このような内容に該当する言葉を含めて共通の家を買う前に意識しておくべき出費に関係する用語があります。

住宅ローン金利なら、変動金利、固定金利、フラット35

繰り上げ返済

固定資産税

火災保険や地震保険

住民税

市県民税

このような内容はマンションでも一戸建てでも必要になります。

結果的には、このような内容を自分がどういうエリアで建物を購入して月々の住宅ローン返済額にどう加算を考えておくべきかを家計の計算の一部として考えておく必要があるのです。

あくまでも家を買うと言うのは、大きな出費の流れとして、購入前と打合せ中と購入後の3つに分かれてきます。

この流れの中で、最も注意しなければいけないのが、購入後。

この先の長い人生の中で、結果的には家を買ったが返済に追われる生活になってしまった。

この状況では、やはり決してメリットのある生活を望むことは難しくなっていく。

子供が小学生に上がった時には、少し幼稚園や保育園に通う時期よりも毎月の負担が軽くなる。

このタイミングが家を買う時で本当にいいのか?

結婚後、妻の妊娠、出産というタイミングが本当に家を買う時期として適切なのか?

このような時間の見極め方についても今後はご紹介していきたいと思います。