家買う怖いけど東京近郊で物件探しをするコツと注意点

家を買う。

東京住まいの状況を維持したい。

自分の家を持つ事に強いあこがれを持っている。

東京都内の人口増加が進む中で、以下の様な声も飛び交っている2018年。

東京オリンピック以降にした方が良い。

2022年以降に家を買うべきだ。

家を買うのはバカだ。

こんな否定的な声を含めて、いろいろな目的や悩みを抱える方が、自分の将来性を考えて家を買う事を考えている。

そうした中で東京や近郊の関東エリアで家を買うという選択をする時、実際に何を意識して買うべきなのか?

今回の内容は、家買うのが怖いという気持ちを持つ方に意識してほしい失敗後悔しないための注意点。

家を買う事を別に無理に進める必要が無い時代であったとしても、持たない事が全て幸せとも言えない考え方を含めて参考にしてください。

家買うのが怖い時の確認事項

別に家を買う事をしなくても賃貸は東京ならいくらでもある。

確かに東京都内においては、駅周辺を少し離れたら住宅街があるが、駅近郊は多くが高層マンションや賃貸物件で馬尽くされている現実もある。

この様な流れの中で無理に家を買う必要もないという選択もよくわかる。

しかし、この家を買う事が怖いと思う先の考えている視点で最も注意しなければいけない視点があると私は思う。

家買うのが怖いと思うべきポイント

あなたが今家を買うのが怖いと思う対象が何か?

この点には、住宅ローン返済などで分かりやすい部分だけでなく、以下の様な怖さが潜んでいます。

家屋評価額に影響力の強い土地の時価相場下落という点での借り換え時における審査が通らないという可能性。

子供の教育費及び消費税増税だけでなく、東京オリンピック後の影響に伴う市県民税増加の波の影響。

資産価値の低下と税金の増加。

この2つは大きく家計に影響を及ぼす可能性が高い。

結果的に、消費税などの増税は、家を持つ人も持たない人も問わず影響を受ける。

しかし、家を買うということは、当然ながら、その場所に移り住んだことによりそのエリアの市県民税を支払うことになる。

これが、全く住んだことが無いエリアからの移住のような状況になってしまうと、住宅ローンや今の水準における生活費以外の視点からも非常に大きな誤算の影響を持つ。

結果的に、今家を買うという言葉を単純に考えて、これからの生活を支えるための資金作りだけでなく、今後の柔軟性に何が影響してくるのか?

この点を考えておく必要があるとも言えます。

しかし、こうした中でも家を買う事を諦めたくない人もいるはず。

そんな時、東京や近郊エリアで資産価値低下を防ぐ住宅物件の選び方をご紹介していきます。

 

東京近郊家買うのが怖い時の選び方注意点

家買うのが怖い。

この考え方を持つ時に、意識してほしい視点の中で、東京都内や近郊エリアだからこそ、資産価値的なリスクを下げないための配慮。

この点をどう考えておくべきかをご紹介していきます。

東京近郊家買う時の選び方

実際に東京や関東エリアにおける物件を選ぶ上で資産価値の安定化を考えるなら、以下の様な視点が非常に重要になる。

1.人気エリアの確認

2.単身世帯,ファミリー世代の分布状況

3.賃貸物件の賃料相場

この様な状況を確認しておくことで見えてくる視点がある。

これは、住宅ローンを組んだ後で自分たちが万が一生活が苦しい事態になった時に、マンションでも一戸建てでも賃貸化を目的にする事が需要と供給のバランスとして可能なのか?

この点に至る視点が大切だということ。

当然、自分たちの住まいの為に家を買うというのが一般的な考え方。

しかし、実際に住んだ感覚からあまり自分たちの理想と感じる事が少なかった。

こうなった時、自分たちが一度賃貸に戻ったとしても、住宅ローン返済を賃貸化する事で、プラスマイナスのバランスを整える。

この考え方がしっかり確立した状況を考える事が出来れば、決して家を買う事そのものが怖いと考える必要は無くなる。

単純に返済が困らない所有物件は、固定資産税などの支払い等もカバーが出来る状況さえあれば、決して生活が苦しいということを防ぐ予防策にもつながる。

東京エリア家は育住の時代

東京や関東エリアでの物件を選ぶ時、職場の距離を優先して購買が進んだ時期がある。

この時代は、職住という職場に近いを優先した物件に需要が偏りを見せていた。

しかし、最近は、その傾向が変わりつつある。

それが、育住。

育住とは、あくまで子どもの学校までの距離や通学路の安全性の確保。

託児所などの周辺環境の利便性。

この様な視点を中心に物件を選ぶという考え方。

2018年の今から家を選ぶという方は、しばらくの間は、育住を優先とした方が万が一、購入後の借り手を探す時にも非常に探しやすいので注目するべきポイントと言える。

このように、怖いと思うだけが、自分の自己防衛かと言えば、老朽化したマンションや賃貸物件で高い光熱費を払う生活をしていては、家計は内訳が違うだけ。

こんな環境も決して少なくないのが現実。

実際に、自分がどんな住まいの大きさを求めて、その利便性はどこまで周囲の認知に共感できているのか?

これが市場価値としても高いと思えた物件を東京近郊は選ぶべきだと私は伝えたい。

これが出来ないと思う時には、まだ家を買う事を東京近郊では考えない方が良いという見方も将来の為には思うのです。

あなたの理想の住まい探しをするときに考え方として比較する目線の対象として活用してみてください。