家欲しいけど貯金が無い人は買うべき?

家欲しいけど貯金が無いという悩みも多い。

頭金を出す資金に余裕がない。

フルローンでお願いしないと諸経費なども支払うのは困難。

実際に家欲しいけど貯金が無いとかお金が無いという悩みは本当に多い。

特に以下のようなケースはネット上でも数多くの声が出てきている。

家賃を6万円程度払っている。

子供が生まれて手狭になった部屋に困っている。

子供の数がいて完全に部屋数が足りていない。

引越しを繰り返すというのは正直しんどい

家族の世帯人数変化やマイホームという言葉を知ってからの人生。

家が欲しい人というのは、決して恵まれた環境だから余力で住まいを持つということだけではない。

あくまで、その家庭が今の生活を維持するための考え方として、住まいの場所を家を買うという行動で安心を得るという考え方もある。

しかし、貯金が無い、お金がないという条件で家欲しいは現実的な考え方と言えるのか?

この点を実際に頭金を捻出して貯金が10万円まで減ったリアルな体験をご紹介していきたいと思います。

家欲しいけど貯金がない時の心理状態

家欲しいでもお金ない。

この言葉を自分で自覚をしていながらもどこかで諦められない。

この様な心理状態になる人はどんな視点で物を考えているのか?

この点を私の体験からの反省を含めてご紹介していきます。

お金ないのに家欲しいのは焦り?

お金ないならどうやって返済していくの?

お金なくても何とかなる。

このように、夫婦の中での価値観の違いから喧嘩になってしまう光景も珍しくないはず。

しかし、そもそもこの考え方ってどういう心理状態になって相手は発言をしているのか?

欲しいと思う側の気持ちとしては以下のような事を私が体験したからこそ、感じている。

楽観的な計画しか立っていない。

リスクという考え方に対して最悪を想定する状況がかなり軽い状態しか考えていない。

自分の想定外という内容が提示された場合は、そこまで悪い事は可能性が低いと根拠の曖昧な意見を口にする。

あくまでも、自分がやりたいを優先するための都合の良い考え方でとどめた思考。

この様な状況に相手は立っているのだと私は思います。

このような意見や心理状態を持つ時、どうしたらいいのか?

この点をご紹介していきます。

 

お金ないのに家欲しいの説得術

家欲しいけど今はお金がない。

でもこの先自分も働けば、十分やっていけるはずだ。

まだ未確定の要素も持ち出してまで相手に必死に説得を試みる。

しかし、もう片方はその考え方をあてにして実現できなかった時のリスクを考えたらとても一歩を踏み出せるような状況ではない。

こうした時、あなたがもし困っている側の立場として、説得をするのに最適な方法をご紹介していきます。

お金ないけど家欲しいの説得は単純

お金がないのに貯金もないのに家欲しいと言われても困るだけだ。

相手の内容をいくら否定してもくらいついてくる。

この様な状況を経験しているなら、この言葉で伝えるのが最も簡単。

「じゃあお前の一人の名義で住宅ローンを組めばいい」

この言葉で、相手に伝えるのが最も簡単。

相手にその覚悟も無く、そのまま相手のお金を使ってローンを組ませるということをどれだけ重たい責任を押し付けているのかを教えていく必要があると思う。

この内容が、最も簡単に相手に現実を突きつけるきっかけになると思います。

家欲しいけど貯金がない現状と現実

今の住宅を購入する時には、頭金がゼロという対象の会社もあるが、ハウスメーカーなどの場合は、手付金を必要とするケースが非常に多い。

この場合の相場は、100万円が大きな目安となる。

この他にも、住宅ローン以外で火災保険の支払いも一括での精算又は、最初の支払いは、10万円以上を求められる。

さらに、カーテンや家具などの購入するのも100万円ていどはどうしても必要になる。

あくまで自分の予算という考え方はローンを組む以前の問題でつぶれていく。

この現実をしっかり伝えてあげるべきだと思う。