家が欲しいと思ったらやるべきこととやらない方が良い事

家が欲しいと思ったら何をするべき?

資料請求

住宅ローン

貯金と頭金の計算。

家計の見直し。

子どもの学資保険や車の保険の見直し。

等いろいろな視点がありますよね?

でも会社も決めなければいけないし、家を建てるなら、土地探しから?

間取りやカーテンの希望も考えて・・・。

やることいっぱいで、結局何から手を付けるべきなんだろうか?

こんな家族会議をしている人もいると思います。

でも、実際に家を買うとなった時には結局は、収支計画が最も重要。

このサイトは、家欲しい。

この言葉をいつ実現に向けて動くべきか?

こんな課題について、夫婦喧嘩の解消法や見極め方についてご紹介しています。

新築のマンション購入経験。

新築の一戸建て購入経験。

人生2度のタイプも違う住宅を購入してきました。

その中で、色々な苦労もあったし、楽しみももちろんあった。

そして、人生で家を持つことが必ず幸せとも言えない部分も当然ある。

住宅ローンが払えない。

月々の支払いに追われてしまう。

生活費が厳しい状態になった。

いろいろな大変な原因があるのも現実。

今回は、家画欲しいと思ったら何からすればよい?という考え方についてご紹介しています。

家が欲しいと思ったらやるべき事

マイホームを購入する。

子育てに便利なのはマンションなのか一戸建てなのか?

こんな内容も含めてまず何から考えておくべきなのか?

家を建てる、マンション買うどちらも共通のやるべき事

家を買うということは、賃貸とは決定的に違うことを考えなければいけない。

それは、簡単に売り買いをして引越しをするという計画を立てにくい事。

「家が狭い今の賃貸を抜け出したいから新しい物件を探す。」

賃貸なら、こういう計画を立てる人がいても何も不思議はない。

しかし、家を買うということは、そう簡単にほいほいとこういうことが出来るとは限らない。

住宅ローンを組み、自分で35年間の支払いをしなければいけない。

つまりは、住まいのタイプを選ぶよりも最も重要なのは、どこに住むのかをまずは土地の価格や市場調査を含めて検討する事。

これが最優先となる。

自分たちが将来子育てのために学校や学区などの通いやすい場所に住みたいと思う人が増えた。

このような市場の流れの中で、当然人気の学区などもある。

まずは自分の住む場所をイメージしておかなければ満足する家はどんなに高級でも生活しにくいと感じたらそこで何もかもが生活環境1つで価値を失う。

しっかり自分たちの住むエリアを検討しておくことは非常に大切になるのです。

総額目安は何処までを計算?

新築注文住宅を購入する。

中古一戸建てを購入する。

新築マンションを購入する。

中古マンションを購入する。

いずれの場合でも以下の合計を常に計算しておく必要がある。

固定資産税、火災保険料目安。

月々のローン支払い額。

管理費、修繕積立費等の毎月の経費計算。

駐車場などの車の維持管理費用。

子どもの学資保険などの積み立てに必要な貯金額。

全てを計画しなければいけない。

このいずれかを見落とすだけでも大誤算になっていく。

毎月のずれは、ボーナスの補填。

これでは、以下のような事態があれば、一気に家計は赤字に転落する。

転職リスクや給与の減額等の影響。

妊娠、出産、産後の仕事休止期間の計画。

こうした今の時代であれば、例外的に自分は関係ないという人はかなり少なくなった。

自分が家を買ったら単身赴任が決まった。

こんな家も数知れず。

自分たちの今後の将来の家計に対してとにかくリスクを最悪として想定するのがどこまで考えられるか?

そして、その状況に今の自分たちの仕事や年収ならどこまで耐えられるのか?

このポイントをしっかり意識しておくことが非常に大切になるのです。

 

家が欲しい時やってしまいがちな行動注意点

家が欲しいと思った時、勢いでやってしまいがちな行動がある。

何を考えておくべきなのかを計画出来ない時にやってはいけない事をご紹介していきます。

家が欲しくても無駄?よくある行動典型例

誰かに相談しておけば人脈が出来るかもしれない。

銀行出の住宅ローンを借りやすくするための相談会に参加しておこう。

一昔前の時代なら、いろいろな人脈がさまざまな情報を提供してもらえるチャンスになっていった。

しかし、今の時代はそうとも限らない。

その根拠は、その人が住宅ローン審査に通るかという点が非常にあいまいになってきた時代だから。

キャッシング歴と滞納、遅延の続く状態。

車のローン、スマホの割賦販売等分割払いが非常に多い状況。

エステの契約やクレジットカードの枚数状況。

とにかくいろいろなサービスを多くの人が気軽に利用している。

当然、その時の支払いが遅れたり払っていなかったりという問題も家を買う相談の時では特に何も伝える事もない。

しかし、住宅ローン審査は全てこうした部分をデータ閲覧でチェックする。

当然、過去の内容に問題が多ければ、いくら担当との人脈を作っても何もできないのも事実。

こうした点を考えても人とつながる事が功を奏するきっかけになるという考え方は難しい時代になった。

家が欲しくても無駄?見学会積極参加

家が欲しい時には、まずは今の住宅を見学する事から始めなければ!

住宅展示場

現地見学会

分譲地

このような新規の人たちが気軽に訪れる事が出来る会場は非常に多い。

しかし、ただ家を見に行くという行動をしてもその後の自分たちが先ほどのどこで買う?どこに建てる?が決まってなかったら?

その場所を見たところで、違う場所に建てる事の予算や土地の価格等を確認しなければ何も始まらない。

建てるもマンションも結果的には、自分たちが本当に欲しいと決まったエリアの件が苦でなければ無価値に等しい。

その場所に行く時間があるなら、できるだけ今の自分たちの家計や節約対象をしっかり明確化する方が先。

この考え方が無ければ、どこに何度足を向けても結果的にはその後の支払いで限界を感じて諦める。

この状態の繰り返しになる可能性が高いので要注意。