家買う流れ情報収集の基礎は何?2018計画の立て方

家を買う。

人生の中で最も長期の計画が必要なプランとも言える。

お金の管理を求められるからこそ、情報収集はとても大切になる。

勢いでは手は出せない。

実際に家を買うとなる時、どんなことから手を付けておくべきか?

自分がこの先の人生で住宅ローンを組んだりする事は本当にリスクのない行動と言えるのか?

こうした点を考えておく必要がある。

これまでも家を買うことについて以下のような内容に触れてきました。

家欲しいけど貯金が無い人は買うべきか?

家買うメリットデメリット比較

家買うのを諦めたと言わせる理由づくり

家が欲しいけどローンが通らない時諦めるべきか?

家欲しい旦那反対押し通す妻の簡単にできる解決法

家族がいて、将来は子供もほしい。

安定した環境が欲しい。

賃貸生活で家賃をずっと払っているのは、どうしても経過年数や隣や上下で暮らす人の存在が気になる。

色々な不満を持つことがある。

しかし、実際に家を自分で買うとなれば、それ相応のリスク管理を必要としているのも現実。

まずは家を買うということについて、どんな情報を集めるべきなのかをご紹介していきます。

家を買うのは夢の実現とは限らない

自分の家がある事はどれだけ幸せな事なんだろう。

実際に家を買うと言うのは、マイホームという言葉で表現される事も多い。

しかし、自分の家を持つことは、結果的には、何かを背負う事につながる。

この現実を簡単に考えすぎていると逆に家を買った後で後悔をする可能性も十分にある。

家を買うための情報は将来設計が第一

家を買う予算は?

どんな会社で契約する?

こんな考え方をしている人は、今を見て、将来のリスクを簡単に考えすぎているケースもある。

実際に、以下のような想定はどうなっていくのだろうか?

今の仕事の給料などが減るリスクはどのくらいあるのか?

自分が住宅ローンを組んでから、ずっと返済を完済するまでに考えられる年数は何年?

自分の子供が増えるとか育つということに必要な予算はどのくらい?

自分が住むエリアからの通勤と子どもを育てるための環境はどちらが優先されるべきか?

将来の事なんて考えても分からない。

この感覚のままどうにかなるということだけを考えてしまうと、上手くいかなかった時の対処が難しい状況になってしまうことも多い。

まずは、家を買うための情報収集というのは、自分の未来がどうなっていくのか?

この点をじっくり検討していく事が最も大切になると私は体験から感じています。

家買うための情報収集はどこで手に入れる?

ネットで調べる。

この言葉が定着してから、他人の体験やブログ等をいろいろな形で探す人が多い。

Facebook,twitter,インスタ等のSNS。

ブログでの体験を見るのも大切かもしれない。

しかし、まだ何も計画が無い状態の場合、是非知ってほしい事がある。

それは、以下のようなキーワード。

ローン地獄

ローンが厳しい

ローンで生活が苦しい

こうした購入後の失敗を感じた人の現実の声。

なぜか?

自分たちの予測はどれだけしっかりいろいろな事を含めて検討が出来ているのか?

この点を確認する上では非常に、失敗したという体験者の声は役に立つ。

なぜそんなに生活が大変になったのか?

本当に大変になった時に逃げ道は実際にあるのか?

逃げ道がない時には、どのような行動をしているのだろうか?

結果的には、人は、家を買う事を決断した後にならないとその事態を想像していなかったと気付けない事も多い。

会社の補償。

保険料の値上げ。

消費税増税。

市県民税の増額。

固定資産税の上昇。

色々な支払に関わる現状よりも厳しい情報はある。

こうした情報を含めても今自分たちで家を買う事を実現したいと思った時、やはりこの言葉を知っておくことが大切だと思います。

2018年にこのサイトを立ち上げたからこそ伝えたいのが、以下のような用語。

東京オリンピック前後の動き

2022年。

この様な流れの中で、家を買うタイミング今何時にするべきかをじっくり考えておく必要がある時が迫っていると私は伝えたい。

2019年には本当に消費税が上がるのか?

そして、その影響は、どのように住宅業界に対して、補助金などの動きを見せるのか?

結果的には、まだ未来の状態。

しかし、東京オリンピック目前に迫った今、本当にこの時期の土地の価格を含めた市場価値はお得なタイミングと考えて良いのか?

こうした点もしっかりと情報収集をしておくことが大切になるのです。