家を買うなら何歳までにローン完済予定が理想?人生設計注意点

家が欲しいと妻が言う。

家を買いたいと夫が言う。

夫婦喧嘩の原因にもなりかねない住宅購入計画。

一戸建てかマンションか?

新築なのか中古なのか?

子育ての育児環境を優先するのか?

仕事の職場の近くが理想なのか?

単身赴任はどうすればいい?

転勤族の住宅購入タイミングは?

子供が何歳の時が理想?

大人の都合と言えばこんな感じがよくある悩み。

でも住宅ローン返済や頭金を悩み出したらまだまだ課題は山積み。

頭金なしのマンション購入計画は無謀なのか?

分譲、建売などの頭金ゼロの新築購入も魅力的。

貯金はいくらあれば家を買える?

買うタイミングは、2018年は今なの?それともオリンピック以降?

住宅ローン返済の完済という年齢を考えた上で人生の老後の貯金や働けなくなった時の為の保険などの対策も重要。

じゃあいつがいい?

この答えを考えていく中で多くの方が頭を抱えるのが、住宅ローン完済年齢。

最近の住宅ローンは、最高年齢80歳までなんて年齢の制限をしている銀行もある。

一方では、住宅ローンを取り扱い中止を決めた銀行もある。

さあこの先いったいどうなってしまうのか?

未来を考えて、予測する視野を広げて。

そして、自分たちが残りの余生を楽しめる家づくりを実現するために必要な考え方をご紹介していきます。

このサイトは、住宅購入をもうすでに新築マンション、新築一戸建てという2つの完成させて、自分の住まいを安定させた

状況から見えた家を建てるでも買うでもどういう事を意識しておくべきか?

こうした内容を夫と妻の意見が分かれやすい部分や購入前に注意しておくべき事としてご紹介していきます。

住宅ローン完済年齢と家を買う時期

家を買う。

のどかな田舎暮らしが理想?

街中の便利な立地に住むことが夢?

家を買うタイミングにより、自分たちの欲しい未来の理想図もかなり変わってくる。

若い時には、街中に利便性を追求してマンション住まいにあこがれる。

年齢を重ねていくにつれて、体力も衰えて、のんびり静かに暮らせる場所を求める。

最後の家は、平屋が最も贅沢だ。

こんな言葉があるのが住宅市場の言葉。

こうした中で、年齢が進めばその分住宅ローン審査に使える銀行も選択範囲が狭くなる。

さあどうする?

この答えに対して考えておくべき事は、以下のような内容です。

住宅ローン完済年齢と老後のダブルパンチは危険

頭金を増やせばいいだけの事。

この様に考えている人も40代50代には決して少なくない。

しかし、老後の準備というのは、正直この先に以下のような未来を見据える覚悟も必要になる。

  • 年金が減らされる可能性。
  • 退職金が減らされる可能性。
  • 住民税、市県民税が値上げする可能性。
  • 消費税が上がる可能性
  • 医療費の高齢者の負担率が上がる可能性。
  • 火災保険は今後まださらに上がる可能性。

このように、自分たちが老後を過ごすまでの時間に対して、十分自分たちの今持っている貯金が通用するのか?

この計画に確信を持つことが出来る人は各段に減っていると思う。

つまりは、貯金を残す事と頭金を増やす事をもっとも悩まなければいけない世代が40代以降であると私は伝えたい。

結果的に、2世帯住宅で息子や娘夫婦と一緒に暮らすとしても、兄弟がいたらその分、どちらかしか融通がきかない状況も生まれる。

結果的に、自分たちが老後の養いを求めるような環境を作るのもまた子供たちの負担になる。

結果的に自分たちで自分の事を何とか全て達成できると確信を持てるタイミングなら、もう住宅は今後の値上げの続く予想をしていく中でも買い時は早い方が得も多いのも現実ではないでしょうか?

家をいつ買う?はある意味運命

結果論ですが、私は正直家を買うという事を決めた時の環境が、ふと決まったという言葉が正しい環境が多かった。

マンションを買った時には、駅から見える位置に見えた内覧会開催中の目印を見た後で、価格とローンの金額目安から確定。

一戸建て購入は太陽光発電売電価格値下がりの動きの時期に20年買取を契約した事による購入。

まさに、2度の明確なきっかけに出会ったことから、住宅購入を決意している。

やはり、家を買うという行動は、ある意味人生の中で天国と地獄を見るような違いがあるのかもしれない。

しかし、実際に自分たちの返済能力と今の年収の割合的に20%前後の負担率であれば、そこまでいろいろな悩みを抱えてしまう様な結果にはなりにくい。

最も、娯楽を好み、家を購入した後の人生で自由気ままに散財をしている生活をしていればもちろん話は別。

しかし、本来家を買うという行動の後は、家が一番落ち着く。

このような状況になる事を多くの人が口にする。

結果として、物を欲しがることよりも家でのんびり過ごす幸せを満喫する生活の始まりになるのかもしれない。

そうなると、今まさに働き盛りの生活をしている40代50代は、今なら買える価格という視点も非常に重要になってくるのではないでしょうか?

あわよくばということばがありますが、まさにそのくらいの運命的な出会いがあった時に即決できる準備を進める事が大切だと私は考えます。

家を買うことについては以下のような内容もご紹介しています。

家が欲しいと思ったらやるべき事とやらない方が良い事

家が欲しい母子家庭が見ておくべき現実2018

家買う収入は年収が目安?最初の一歩は何から?

家建てる時期2018は将来か今か?

家買う怖いけど東京近郊で物件探しをするコツと注意点

家買う流れ情報収集の基礎は何?

家欲しいけど貯金が無い人は買うべきか?

家買うメリットデメリット比較

喧嘩中のご夫婦向けにも書いています。

家買うの諦めたと言わせるための理由づくり

家欲しい旦那反対押し通す妻の簡単にできる解決法