家が欲しいけどローンが通らない時諦めるべきか?

家が欲しいけどローンは難しいだろうな!

こんな気持ちを持ちながら、勤続年数や年齢、年収を考えて過ごしてきた。

自分が生活をしていく中で、家が欲しいと思う時が訪れるのは家庭の環境や将来性の考え方によって生まれてくる。

でも家が欲しいけどどうしよう?と悩む中で最も難題があるのが、ローン審査。

ローンが通らないままではいくら家が欲しいと思っても購入するチャンスも機会も失われてしまう。

この時、考え方はどう考えておくべきかを人は求められると思う。

一度諦めて次のチャンスの訪れを待つべきか?

自分の通らない弱点や審査に落ちた事を解消して再チャレンジするべきか?

もう後がないと思って、必死になっている方もいるのかもしれない。

自分には少し無謀と思って、少し勢いが失速している人もいるのかもしれない。

でも、いずれにしても契約をして、間取りの打ち合わせを終えたうえで、ローンが通らないと経験をしている。

この状況の中でまずはあなたが覚悟を持つのは、継続か中断か?

この2つに対しての考え方をご紹介していきたいと思います。

家が欲しいけどローンが通らないが諦める理由

いくら本人が家が欲しいと思ってもローンが通らないのでは買う事は現実的に考えても難しい。

しかし、はいそうですかと諦められる人ばかりでもない。

でも、どこかでローンが通らない事を願う人も実際にいるのが現実です。

ローンが通らないは気付くきっかけ

どこか勢い任せに流れのままに来てしまった。

このような方も実際にはいらっしゃいます。

間取りや設備、配線計画等を含めて、ローンが通るなら!

こんな気持ちから、いろいろなオプションも採用して自分にとっては豪華な家づくりが完成。

でも、こんな状態にして本当にいいのか?

こうした葛藤を持ちながらも、住宅ローン審査に挑む時期になってしまったという方はもう一度いろいろなことを見直すべき時期だと私は思います。

大きさはどこか縮尺の変更はできないのか?

費用を落とせる項目は本当にもうこれ以上どこにもないのか?

どこか憧れを優先した決断をしていないだろうか?

まさに住宅ローンを組んでから家を買うことに失敗を感じてしまう前に再修正を考えるラストチャンス。

この考え方がどこかで必要になった時期と思う気持ちも大事なのかもしれない。

ローンが通らないは嘆きの対象ではない

ローンが通らないことを自分自身で恥じるという人も多い。

しかし、家が欲しいということに対しても、もっと冷静に土地や物件選びについて自分が今見落としている事が無いか?

この視点を再度考えるべき時期でもある。

今買おうとしている分譲地は本当にメリットが大きいのか?

自分たちの住まいのエリアは、ハザードマップ上ではどういう状況になっている?

水災、風災などのこれから決める火災保険に必要な資金も調整がついているのか?

住宅ローン審査を終える時、多くの人はこれでもう安心とどこか燃え尽きた感が見える人もいる。

しかし、家を買うというのは、住宅ローン審査がまさに折り返し地点でしかない。

この後には、以下のような支払いの動きが出てくる。

カーテン費用

外構工事の見積もり

火災保険、地震保険の決定と支払い。

固定資産税が1年以内での開始。

このようなタイミングがどんどん押し寄せてくる。

結果的にこの条件を全て見越していない中では、ローンが通ったところでまた次の難題に直面することになる。

まずは、通らない通ったという現実に対して、審査だけに目を奪われるのではなく、全体を見直すチャンスにしておくことが大切。

 

家が欲しいけどローンが通らないを克服

ある意味、反骨心から何とかしようといろいろなことに手をつけてしまう人もいる。

実際に諦めないと何とか道は切り開けるものなのか?

この点もご紹介していきます。

ローン通らないけど家が欲しい時の可能性

住宅ローン審査が通らないという原因は複数あります。

年齢

年収

勤続年数

クレジットカード等の個人情報

現在支払い中のローン残債

過去の延滞や遅延経験とその対処

このようにさまざまな理由があって、銀行は受け入れをしないという状況を伝えていく。

そして、原因を明確にして教えてくれる事もほとんどありません。

こうした条件だからこそ、自力という言葉の対象も非常にあいまいになる傾向にもなりやすい。

自分で調べるも答えが正しいとは限らない

自分の事は自分が一番よくわかっている。

この言葉をまさにローンや残債ということについては、まさにその通りかもしれない。

自分が過去に支払いを暮らせてしまった対象や未払いのまま放置してしまったような対象があれば、当然自分の思い当たる節として存在をしてくる。

しかし、それらが直接的な原因だったとは言い切れない。

通らない時は諦めるということも一つの決断としておくことも大切。

全く違う銀行で依頼をすれば簡単に通るのかと言えばそれはまた別の問題。

事前相談をしたからと言って通りやすく優遇されるようなこともありません。

問題点を探す。

この言葉の難しさがあるため、何回かの挑戦をすることはあるとしても、実際にローンが通らない時にはどのような流れになるのか?

この点をまずは銀行ではなく、契約中の不動産会社に確認をしておくことが最も重要になる。

この点をまずは問題の先送りではなく、明確化として対処をしておくことをおすすめします。